保育園での看護師の仕事内容をご紹介!

看護師の仕事情報をお届けいたします!

バイト看護師の働き方:保育園、幼稚園で働く

看護師と言えば医療機関で働くことをイメージする人が多いでしょうが、近年ではその働き方、働く場所も多岐にわたっています。 そのひとつが、保育園や幼稚園で働くことです。
アルバイト看護師の勤務、クリニック

保育園や幼稚園といえば、小さな子どもがたくさんいる場所であり、おとなに比べればケガをしたりや病気になったりする可能性は高くなります。そのようなときに活躍するのが、看護師です。 こうしたケガや病気への対応はもちろんのこと、日ごろからの健康管理にも注意をしなければなりません。

手洗いの指導から、掲示物の作成、保護者へのお知らせなども、保育園や幼稚園で働く特徴的な仕事のひとつです。

健康診断の手配や実施、データの管理といったことも大切な仕事になります。 目で見える健康だけでなく、心のケアをするのも看護師の大切な仕事です。 最近では、先天性の疾患を持つ子どもやアレルギーを持つ子どもも増えてきているので、そういったところもまで気を配らなくてはなりません。

このように、保育園や幼稚園での看護師の仕事は多岐にわたり、自ら提案や想像する力、マネジメント力、コミュニケーション能力も必要になります。

保育園、幼稚園によっては、保育士と一緒に日常業務の補助などを行うこともあるので、より一層仕事の幅が広いです。大変なことも多いですがやりがいがありますし、子どもが好きな人にとっては魅力的な仕事と言えるでしょう。

子育て経験がある看護師であれば、その経験を活かせるかもしれませんね。 保育園や幼稚園の看護師の求人は、実はあまり表にでは出てきません。人気があってすぐに採用が決まってしまうというのもあるのですが、そもそもの求人件数自体も少ないので目にする機会がないのです。

はじめから看護師専用の求人サイトなどに絞って求人を出しているところも多いので、保育園や幼稚園での就業を希望するのであれば、そうしたところに登録しておくのがよいでしょう。 医療機関や子育ての経験が高く評価されることは多いですが、経験が少なくても応募できる求人情報などもあります。

3年で転職しても大丈夫

「ある意味転機となる3年目」

看護師になって3年目。 人によってはお礼奉公が済んだからという方もいるかと思いますが、職場から得るものが多い看護師という職業柄、3年は同じ所で頑張ろうという方が多いそうです。

入職することはできたけど、勤務が希望通りではなかった、人間関係がうまくやっていけなかった、給与的にも少なかったなどは、入ってみなければわからないことです。 残業が多く、プライベートもなかったという方もおられることでしょう。

看護学校で友達になった方の話を聞く、それで違いを感じるということだってあるのですから。 他の職種なら1年は頑張ってみよう。 と思うところですが、看護師の場合は3年目が転機になることが多いと言われています。

「3年目と新人の違い」

3年しか勤めてないからという理由で転職をあきらめる理由はどこにもありません。入職しなければ分からなかったこともたくさんあったはずですから。 とは言え、3年という経験はまだまだひよっこレベルとも言われています。

経験値が新人レベルとは言いませんが、3年目の転職はわりと有利だと言われています。理由は「基本がしっかりと身についている」「チームとして働くことができる」「夜勤も可能」ということです。 臨床経験があることも魅力でしょう。

基礎が備わっていると採用側で一から教育する無駄が省けますし、吸収率の高い新人に近い存在のため、育てていくことも可能、それがすぐに出来るとことにメリットが有るのです。

「経験とスキルは転職後に積んでいく」 看護師としての経験の浅い3年目。 それ故に転職に不安を持つかと思いますが、それを悩んでいても始まりません。変わることのない事実だからです。

基礎があり、チームとしても働ける、臨床経験があるということでは、3年目といっても採用される確率は高いと言えます。 経験は転職後に積んでいくということで乗り切りましょう。

もっと勉強したい、最新医療についての勉強もしたいというのなら、大きな病院への転職を考えてみるのです。そうすることで今後の転職にも大いに役立つに違いありません。

copyright 2014 バイト看護師 All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。